仮想通貨

仮想通貨のセキュリティ 二段階認証は必須!!

更新日:

 

仮想通貨と切っても切れない話がセキュリティの話。

その中で大切なのがパスワードと二段階認証。

アカウントを乗っ取られてしまうと、通貨を送金されて盗まれる。

 

「ビットコイン」などインターネット上の仮想通貨が「何者かに不正送金された」という被害相談が今年に入り急増していることが、警視庁への取材で分かった。同庁は上半期(1~6月)に昨年1年間の約4倍の相談を受けており、中には6300万円が口座から送金されたケースもあった。同庁は不正アクセス禁止法違反容疑で捜査している。

毎日新聞より

 

パスワードに関しては、情報が流出するリスクがあるため、他のサイトとの使いまわしは避けるべき。

そのため、パスワードを設定する際、そのサイトの頭文字をパスワードのあたまにつけるなど、個別のパスワードを作成したりするのが有効。

出来ればサイトごとにメールアドレスも変えたいくらい。

サイトによってはメールアドレスの変更が出来なかったりするので注意をしたい。

非常に大切であるのが二段階認証。

二段階認証をしていないと、ハッカーにアカウントを乗っ取られてしまうリスクが非常に高まる。

これだけは絶対に、100%やらないとダメ!!

盗難にあってもある程度保証をしてくれるサービスもあるが、二段階認証をしてないと保証が適用されない場合もある。

仮想通貨は利害が絡むけど、セキュリティの重要性をないがしろにすると、大損をし、誰も得をしませんので、あえて強く言わさせて頂きますm(._.)m

二段階認証は絶対に設定しろ!!

下記のサイトにてアプリをインストールすることができる。

iOS
Google Authenticator

Android
Google 認証システム

取引所によって二段階認証の設定は異なるので、ここでは説明を省く。

各サイトのアカウントなどで二段階認証を設定する。

その際、QRコードの画像が出てくるので、アプリを起動してそちらをカメラで撮影すればコードが表示される。

QRコードの画像は必ず保存するべき(後述)。

※ 下記はサンプルの画像

 

二段階認証のコードであるが、アプリで6けたのコードが出る。コードは1分ごとに変わるが、最新のものを入力する。

 

 

 

二段階認証を設定したサイトでは、ログインする際や送金する際などに二段階認証のアプリに出力するコードを入力することが求められる。

その際、上記のアプリに表示されるコードを入力する。

 

 

これによりセキュリティが保たれる。

ザイフ取引所であれば、右上のアカウントをクリックする。

 

 

すると下記のページへいくので、右上にある二段階認証をクリックすると設定のページへ。

 

 

アプリを開いてカメラでQRコードを読み取れば、アプリに6けたの数字が表示されるようになる。

これをQRコードが表示されているページの下部の下記のような記入欄があるので、そこへ入力すれば二段階認証の設定が完了。

 

 

 

そして、google二段階認証は意外と知られてないけど、端末が壊れたらアウト。

そのため、QRコードの保存も絶対にやっておいた方がいい。

QRコードを別の端末で読み込めば利用することが可能。

大体、サイトで設定した後はQRコードを再度出力することは出来ない。

もちろん端末がダメになるとアプリだけでなく画像のデータもなくなる。

そのため、QRコードは出来れば2箇所以上に保管しておきたい。

インターネットからハッキングするわけなので、QRコードをプリンアウトして保管していても問題はないように思う。

もちろん、流出したり周りの人間にみられるとマズイことは言うまでもないので、しっかりと保管したい。

最後に送金になるが、これに関しては通貨の種類によって送金方法が異なる場合がある。

例えばXRP(リップル)などは送金する際、タグをつける必要がある。

そして、大切なのは、必ず最初に少額で送金のチェックをすること。

このページは赤字だらけで見づらいかもしれないが、それだけ重要なことを記したので、絶対に設定してもらいたい。

 

仮想通貨とビットコイン 買うなら暴落を狙え!!

 

ビットコイン長者、仮想通貨億り人になる方法

-仮想通貨
-

Copyright© 仮想通貨ガチホ組 , 2018 All Rights Reserved.