ビットコイン BTC 仮想通貨

ビットコイン初心者入門書と失敗しない取引所の選び方

更新日:

最初に

この記事では仮想通貨に対する投資の考え方、投資の対象となりえるかということを、技術的な面や仮想通貨の用途などからお伝えしていきたい。

そして、仮想通貨をまだ買ったことがない方がやっておくべきことを出来るだけ分かりやすく入門書としてまとめている。

儲けるために絶対にやっておく必要のあるポイントがある。

最低限の知識があれば問題なく、まずは仮想通貨の技術的なことを、分かりやすさを優先して極めて簡単に説明したい。

仮想通貨とブロックチェーン

仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる技術を用いている。

何故、これを説明するかと言うと、よく分からないものや価値がないものに対してお金をつかうことは、非常に不安になられると思うので、ポイントだけでも理解して頂きたい。

まずはブロックチェーンを簡単に説明していこう

下の動画はザイフという仮想通貨取引所を運営するテックビューロという会社が独自に開発したブロックチェーンの動画であるが、そちらをご覧頂いた方が早いかもしれない。

 

 

パソコンやインターネットを用いて売買や取引などデータのやりとりをしたとする。

次にまた別の売買や取引などデータのやりとりをした際、前回の記録が連鎖して記憶されるというのがブロックチェーンである。

一回のデータのやりとり=ブロック、そのブロックがチェーンのようにつながっていくため、ブロックチェーンと呼ばれる。

それによりデータの改ざん、漏洩、盗難される可能性が限りなく減少する。

砕けた言い方をすると、ウナギや焼き鳥のたれを継ぎ足していけば味わいが複雑になって味わいが増すように、データが蓄積されて複雑になることで、そのリスクは事実上なくなると言われている。

そして、セキュリティが強いことにくわえてさらにメリットがある。

これまでひとつの機器でデータを保管していたが、それをインターネットでつながっている複数の機器でデータを所有する技術である。

ひとつの機器でデータを所有していると、もし何らかのトラブルなどデータが消えるケースや、インターネットにつながっているパソコンではハッカーに改ざんされるリスクがある。

しかし、世界中の機器で所有しておけば、データが消えてもバックアップされており、全てのパソコンを改ざんすることは不可能であり、共有されている情報が復元される。

ひとつの機器だけでデータを管理、保存するのであれば、セキュリティを非常に強固とする必要があるため、機器代金、運営や保管するために莫大なコストがかかる。

しかし、ブロックチェーンの技術を用いることにより、情報の破壊、あるいは改ざんされるリスクが下がるため、管理するためのコストを抑えることが出来る。

それらの技術に裏打ちされたセキュリティが優れた信用を生み出し、それを基に価値と信任のあるものを発行しているのが“仮想通貨”である。

ブロックチェーンの技術は仮想通貨以外においても用いられ、これからの社会を変えていくテクノロジーになる。

最後の点が非常に重要で、投資に値するかというポイントとなり、頭に入れておいてほしい。

また、今後、ニュースなどでも取り上げられてくる機会は必ず増えてくるので、念頭に置いておいて頂き、少しでも興味をお持ち頂ければ理解も深まると思う。

仮想通貨には多数の種類と機能、価値がある。

前の項目でブロックチェーンの技術とそれが信用を生み出すことをお伝えしたが、仮想通貨はこの信用を用いた様々な機能を有している。

仮想通貨と言えばビットコインが最も有名であり、2017年10月の時点で時価総額はトップであるが、仮想通貨はビットコインだけではなく多数の種類が存在する。

仮想通貨の主なもの、日本で有名なものとしてビットコイン(BTC)、ネム(xem)、リップル(xrp)、イーサリアム(Ethereum)などを挙げることが出来る。

そして、その通貨によってそれぞれ機能や性質がある。

ビットコイン(BTC)は決済機能、料金を支払う機能を有している。最近では関電量販店や旅行会社でもつかうことができ、今後そのシーンはより広がっていくだろう。

 

 

リップル(xrp)は金融機関などの送金に用いられている。

そして、イーサリアム(Ethereum)は通貨の中に契約を盛り込むという機能がある。

 

ネム(xem)に関しては通貨作成、メッセージ送信など様々な機能がある。

この項目で何が言いたいかというと、仮想通貨は決して価値のないものではなく、それぞれ機能や特性を有しているということである。

すなわち、決してマネーゲームの道具であったり、投機的にしか意味のない存在ではないということである。

それぞれが価値や機能を有しており、一日で全く価値がなくなるものではなく、これから社会を大きく変えていくものとなる。

仮想通貨の賢い買い方

仮想通貨はまだ始まったばかりの技術である。

実態がないと言われるが、前の項目でお伝えしたように仮想通貨にはそれぞれ機能がある。

そして、これからの時代をリードしていく技術と言って過言ではない。

株による資金調達がIPOと呼ばれるが、仮想通貨で資金を調達される仕組みがありICOと呼ばれているが、2017年になり日本でもいくつか開始されている。

今後仮想通貨が社会に浸透するとともに、その需要が大幅に増していくことは間違いない。

そのため、一部の仮想通貨に関しては価格の上昇が止まっているものや価値のないものもあるが、2017年の段階においては多くの仮想通貨の価格は基本的には上昇基調にある。

具体的な買い方であるが、仮想通貨は価格が急激に下がる場合が往々にしてある。

 

 

しかし、価格が下がった時はチャンスであり、価格が下がりきった時に買い、上がった際に売るということを繰り返していけば利益が出ることは子供でも分かることだろう。

先述したように基本的に価格は上昇基調にあるため、技術的な裏付けがないものや機能がない仮想通貨を避け、中長期を見据えて購入しておけば、仮想通貨で損をする可能性はかなり低い。

そして、上記のチャートと呼ばれる価格の推移を表すグラフや指数があるが、前回価格が下がりきった底を覚えておけばある程度の参考となるだろう。

もう一度説明するが、仮想通貨元年と呼ばれる黎明期である点、そして仮想通貨自体に機能と価値があり、今後需要が増していくことから、価格は基本的に上がっていくものと考えていい。

出来るだけ早くこの流れに乗ることが出来れば、あまり品のいい表現ではないかもしれないが、先行者利益の恩恵に俗することも可能である。

仮想通貨の売買は販売所ではなく割安な取引所で

仮想通貨の取引をする際は手数料がかかるが、ほんのわずかの手数料と言えども、買う量が多ければ大きな違いとなる。

仮想通貨の売買をする会社には販売所取引所の2種類が存在する。

販売所に関しては、その会社が取り決めた価格で売り買いする。そこに会社のマージンが入っており、割高となる。

それに対し、取引所というのは株などと同じように取引をする者同士が値段を決めて売買するものとなる。

ビットフライヤーはビットコイン(BTC)に関しては販売所と取引所があり、それ以外の通貨は販売所となる。

パソコンの画面を画像として残したため同時刻の価格となるが、左が販売所の画像で、右が取引所となり、販売所の方が割高であることが分かる。

 

 

投資などをされたことがない方へ簡単に説明すると、正規の販売店で携帯や車などの商品を売買するのと、ネットなどのオークションで売買するのであれば、後者の方が安く買える、あるいは高額で売れることはご理解頂けると思う。

それと同じことで、販売所よりも取引所の方が安く売買ができるため、取引所を運営する会社へ登録することは少しでも多くの利益を出すためには必須となる。

そして、仮想通貨をクレジットカードで購入することは手数料がかかって割高となる。

そのため、よほどのことがない限りクレジットカードでの購入はやめるべきである。

数々の仮想通貨を取り扱う会社があるが、ほとんどの会社において高額の手数料をとり割高な料金となる。

個人的にも利用しているザイフなどは取引所となる。

口座の開設方法についてはこちらのページを参照してほしい。

 

 

仮想通貨のリスク

これまでの項目で仮想通貨には機能とそれに伴う価値があることをお伝えした。

価格には価値と意味が存在する。

しかし、当然ながら既存の通貨よりも優れた技術が出てきた場合は価値や価格が下落するというケースも起こりえる。

その通貨を運営している会社に何らかのトラブルなどがあった場合なども、価値がなくなるリスクがあることは覚えておきたい。

価格の急激な上昇もありえるが、逆に価値が半減するというケースも非常によくみられる。

そのため、財産を全て投入するということなどは避け、あくまで余剰資金での購入をおすすめしたい。

また、仮想通貨には膨大な種類があるが、その中でSCAMと呼ばれる詐欺のような通貨が存在する。

おいしい話に飛び乗って損をするという話は実社会においてもよく聞く話であるが、人間の欲得が絡む話であるため仮想通貨においてもそのリスクは少なからずある。

主要な通貨であれば問題ないだろうが、ある程度知識を得ることができる点からも、まずは多くの通貨を取り扱っている取引所から利用を開始することをおすすめする。

仮想通貨購入で具体的に気をつけるべきこと

具体的に気をつけるべきこととして、セキュリティの重要性を挙げたい。

かつてマウントゴックスという仮想通貨取引所があったが、そこで不正なアクセスによって仮想通貨が盗難されたという事件を覚えておられる方も多いと思う。

ネット上で通貨の売買を行うため、残念ながら盗難のリスクは今日においても存在する。

そのため、可能な限り複雑なパスワードの設定などセキュリティを強固にしておく必要がある。

そして、セキュリティにおいてとりわけ有効であるのが二段階認証という方法である。

スマホのアプリやメールなどで得た数字を入力してログインする機能であるが、仮想通貨の売買においてこれは必須となる。

あなたの大切なお金が無くなるリスクをあえて強い言葉でお伝えさせて頂くが、二段階認証なしでの利用は絶対に避けるべきで、警告させて頂きたい。

また、入出金の制限があり、万が一のために、しっかりとやるべきことはやっておかないといけない。

電話番号、住所の登録にくわえ、本人確認書類(免許証、マイナンバーカードなど)を登録して、郵送される書類を受け取っておく必要がある。

 

 

仮想通貨初心者は短期売買はやめるべき

そして最後に売買の方法であるが、投資などの経験がない場合は短期売買はやらない方が無難である。

相場は勝つ人間がいれば負ける人間がおり、ゼロサムゲームと呼ばれるが、プロの人間や経験者にはまず勝てない。

初心が具体的にこれだけ利益が出したいといった思惑をもつと、必ずと言っていいほど負けるものである。

投資や為替、株などの短期売買の経験がある方は例外となるが、経験がない方はまずは最低限の知識を得ないことには始まらない。

そのためには先述した買い方などに慣れ、まずは知識を得ることや経験を積むことをおすすめさせて頂きたい。

また、短期売買をおすすめしないもうひとつの理由として、税金がかかり、その計算が非常に厄介であるため。

仮想通貨の売買で得た利益は控除が適用されない雑所得に分類される。利益が20万円を超えた場合は申告が必要となる。

細々と売買を繰り返すと、計算がかなりややこしくなり、非常に労力がかかり割に合わないものとなる。

仮想通貨売買における準備の重要性

先述したように価格が下がったものを買うことが大変有効である。

そのためには時間とスピードが大切である。

公営競技など賭け事であれば投票締め切り時のオッズが配当となる。

しかし、仮想通貨はリアルタイムでトレードされているため刻一刻とその価値が変わる。

価格の急激な下落があれば、急激な上昇もある。

チャンスは再びやってくることはなく、「買いそびれた」「損をした」と思っても後の祭りである。

これは個人的な買い方であるが、私は仮想通貨の価格の下落に対応できるように常に口座に日本円を準備している。

これから仮想通貨の購入を始められる方も、口座を出来るだけ早く開設してまずある程度の資金を入金しておけば大きな違いとなる。

口座開設は早くて10分ほどで手続きが完了する。

そして、入金をしても仮想通貨を買わなければお金を銀行口座へ戻すことも可能である。

少額の購入であれば口座を開設して入金をすればすぐに可能であるが、高額の購入や出金には、郵便物の受け取りでの居住確認が必要であるため、可能な限り早く手続きを済ませておきたい。

また、銀行が開いていない時間、あるいは特定の銀行振り込みに対応していない取引所もある。

それ以外にも制約があるケースが考えられ、取引時間などの関係もあり、思ったよりも入金に時間がかかる場合がある。

そのため、可能な限り早めの口座開設をしてご自身の背丈に見合った金額を入金し、価格が下落した際、すぐに購入できるようしておけば、利益を出すための大きな一歩となるだろう。

トレードの格言に「悲鳴で買って、歓喜で売る」という言葉がある。

価格が暴落した時は実は大きなチャンスであり、そのチャンスはそう多くはない。

スピードと行動力が大きくものをいう時代であり、チャンスをみすみす潰すことのないよう、早めに手続きをしておきたい。

また、先ほども述べたが、入出金の制限がある場合があるため、必ず最初に住所と電話番号、そして本人確認書類(免許証、マイナンバーカードなど)を登録し、郵送される書類は受け取っておくことが重要。

仮想通貨取引所を選ぶポイント

仮想通貨取引所を選ぶポイントについてはこれまでお伝えしてきた内容からまとめたい。

まず一つは、先ほど述べたように仮想通貨を売買するにあたって販売所と取引所があるとお伝えしたが、割安な取引所を運営する会社を選ぶべきである。

指定した金額での売買が可能となる指値での注文が可能かという点は大きなポイントとなる。

また、手数料がかからない取引所もあり、あるいはマイナスの手数料で、少額ではあるが取引をするたびにボーナスがつくような取引所もある。

二つ目が仮想通貨の取り扱い種類が豊富であるかという点。

そして、最後に入金に関してであるが、可能であればコンビニでのクイック入金が可能な取引所を選びたい。

セキュリティを高めるための二段階認証であるが、これに関してはまず間違いなくほとんどの取引所が対応している。

仮想通貨の取引所の数はかなりあり、中でもCMなどでも馴染みになりつつあるビットフライヤーなどが有名である。

これまで、ビットフライヤー、ザイフ、コインチェック、ビットバンク、フィスコといった仮想通貨取引所の口座を開設し、海外にも口座を開設してみた。

このうち、ビットフライヤー、コインチェックなどで通貨を売買する場合、一部を除くと販売所であるため価格が割高となる。

取引所は市場に出回っている通貨を売買するため販売所よりも価格が安い。

先述した取引所の中で、現物と言われる通常の取引に手数料がかからない点、指値で購入できる点、仮想通貨の取り扱い種類の多さ、急な入金にも対応できる点などから、個人的にはザイフ取引所をメインに使用している。

デメリットがひとつあり、取引所であるためかサイトが不安定な面がある。

そして、先ほどお伝えしたリップルという通貨も取り扱っていないが、それを補ってあまりあるメリットがある。

その点から最初に口座を開設されるのであればザイフ取引所をおすすめする。口座開設の方法を解説した参考となれば。

 

何故、私が仮想通貨をすすめるか?

当然ながら仮想通貨は必ず儲かるというものではない。

しかしその売買をすることにより、得られるものは小さくなく、金銭とは別のメリットも生じえる。

新しい時代の技術の発達という点についてはこれまでお伝えしたが、そのリテラシーを身につけることが可能となる。

自身のお金を少しでも使うのと使わないのでは、その学習効果に雲泥の差がつく。

そして、これから日本は人口が減り、経済の衰退や年金などの社会システムの崩壊のリスクもある。

 

日本という国家の借金が膨れ上がっていることは知られた話であるが、これ以上国の借金が増えていけば円という通貨の信認が失われるハイパーインフレのリスクもあり、かなりの確率で起こると言われている。

 

 

仮想通貨は短期的な売買であれば損をするリスクも非常に高い。

しかし、仮想通貨の価格が上昇している状況や、日本円だけを持ち続けるリスクを考えると、保有しないことがむしろ損となる可能性はかなり高い。

少なくとも知識や経験を得ておけば、時代の変化に対応できるだろう。

自分の身は自分守るしかなく、厳しい時代に対応するためには自身で勉強するよりない。

強いものが生き残るのではなく、環境に対応できるものが生き残ることは真理であり、人間であれば学ぶことをやめた者は退化していくのみである。

動かない人間は取り残されていき、やがては淘汰されていく。

最後に

現在、仮想通貨の情報や投資の方法などを学ぶため、複数の有料情報に登録している。

その内容を直接的にお伝えすることは出来ないが、そこで得たものを咀嚼し、トレードの本質や、仮想通貨の展望やなどについて今後もお伝えしていきたい。

多くの仮想通貨取引所を調査した中から、手数料や取扱種類を鑑みてザイフ取引所をおすすめさせて頂いた。

もし、あなたが仮装通貨の売買をされるのであれば、そちらをご利用頂きたい。

口座の開設方法についてはこちらのページを参照してほしい。

また、今後より情報が蓄積されて見識が深まった際に、新しい情報をお届けさせて頂きたい。

 

-ビットコイン BTC, 仮想通貨
-

Copyright© 仮想通貨ガチホ組 , 2018 All Rights Reserved.