ビットコイン BTC

ビットコインは信用できるのか?購入方法

更新日:

[仮想通貨とビットコイン(BTC)]

インターネットがこの世に登場して一般的なものとなり、20年以上が経とうとしていますが、また新しい大きな波がきているように感じます。

このサイトでは自身の実体験などをまじえつつ、仮想通貨や新しいシステムやサービスについて情報を更新していきたいと思います。

ネットで稼ぐための方法や、サイトの作成方法、そしてお金に関するサービスやお得な情報などもお伝えしていきます。

自分もそれほど理解力がある方ではないのですが、それだけに分かりやすく、小学生でも分かるくらい簡単な表現で説明していきたいと思います。

現在、仮想通貨は800種類があると言われ、その中でもビットコイン(BTC)が最も有名であり流通しているものになります。

 

 

これまでは中央銀行が通貨を発行してきましたが、ブロックチェーンという技術を用いて民間が発行した通貨となります。

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は下記バナー画像の取引所などで売買が行われています。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

どれだけ信用できるかということが重要だと思いますが、いかに使われているということが大切であり信用の裏付けにもなるため、技術的な説明に関してはここでは控えたいと思います。

既にビックカメラ、コジマ、ソフマップといったビックカメラグループや、DMM、丸井といった有名な企業でもビットコイン(BTC)を支払い方法にとりいれています。

中には毛嫌いしている方もいらっしゃるかもしれませんが、その理由としてよく分からない、あるいは胡散臭いという意識があるためではないでしょうか。

また、マウントゴックスというビットコイン(BTC)の取引所が破たんしたことが意識に暗い影を落としている部分もあるかもしれません。

しかし、マウントゴックスの破たんによって一時的に価値を大きく下げたビットコイン(BTC)は、その後さらに価値を上昇させており、長期的にはもっと上がると言われています。

 


「Virtural Coin News」より

 

また、ビットコイン(BTC)など仮想通貨は、先述したように取引所で買うことや売ることが出来ますが、その認知度も向上しています。

その取引所の中で、最も取扱高が多いのがbitFlyer・ビットフライヤーになります。

株主にはみずほ銀行や、メガバンクのグループ会社などが名を連ねています。

テレビでCMも流れており、目にされた方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

Yahooのトップページで全面広告をうったこともあります。

 


「しゅうまいの256倍ブログ」より

 

これらの点から、その信用に関しては説明する必要はないと思いますが、このように既に世の中において一般的なものとなりつつあります。

[ビットコイン(BTC)の買い方]

※ 11月28日追記、口座開設は下記の記事をご参照ください

ビットコイン初心者入門書と失敗しない取引所の選び方

Zaif 口座開設の方法

ビットコイン(BTC)の利用方法や買い方は簡単です。

個人的に利用しているBitFlyerで説明します。

まず、下記バナー画像からトップページへいき、アカウントをつくります。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

Facebook、Yahoo、Googleいずれかのアカウントがあればより簡単にできます。

 

 

アカウントをつくると、メールアドレスへパスワードが送信されます。

アカウントが出来たら、次に「アカウント情報」と記載されている箇所のそれぞれのページで、名前、住所、生年月日などを記入します。

免許証やマイナンバーなど、住所が記載された身分証を撮影して登録し、書留を郵送してもらうと手続きはほぼ完了です。

入出金に関することなので、郵送の本人確認だけは忘れずにやっておきましょう。

最初はウオレットクラスとなっていますが、手続きが完了すると下記の画像のようにトレードクラスとなり、ビットコイン(BTC)の売却などが可能となります。

 

 

ビットコイン(BTC)の売買ですが、メニューにあるビットコイン販売所で行うことができます。

 

 

利用方法や決済方法はそのサービスや企業などによって異なり、サイトや店舗の案内をご参照ください。

これからは、ビットコイン(BTC)など仮想通貨や、それを用いたサービスをつかうことが出来なければ、時代に取り残されていくでしょう。

 

 

今までと同じ行動をとり、新しいサービスについて食わず嫌いで敬遠していては、取り残されていくだけではなく、大きな損失になってしまいます。

サラリーマンも安泰ではなく、年金がもらえる年齢もどんどん上がることでしょう。そのため、自分の身を守るには自分で考え、行動していくことが必要になります。

やるかやらないか、自分で考えるか考えないか、勉強するかしないかで、大きな格差がついていくことになります。

 

 

そのためにはビットコイン(BTC)のアカウントは必須と言っても過言ではありません。

-ビットコイン BTC
-

Copyright© 仮想通貨ガチホ組 , 2018 All Rights Reserved.